忍者ブログ
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トイレの天井

何が封印してあるんだ

小学校のころ個人的に「お札ブーム」が来て
名前シールやビデオのラベルシールなんかにお札っぽいことを書いて貼ることに
異常なほどハマりました
お札は中国っぽいお札で 多分霊幻導師とかに影響された

私の世代はキョンシーブレイク世代で
幼稚園の「右手がチョキで 左手がグーで」とかいう遊びでは
「右手がパーで 左手もパーで キョンシー」でした
手を突き出して飛び跳ねればキョンシーなんだから子供にはうってつけのごっこ遊びだし

キョンシーといえば
久正人さんの「グレイトフルデッド
お勧めです
PR
連休中悪夢を見続けました

~悪夢とは?~
夢で女の子とチューする直前で目が覚める
しかも女の子はとっかえひっかえ毎日違う子
でもぜんぜん知らない子

あと最近霊夢とセックスする直前で「仕事が入ったから」とか言ってガラスぶち割って帰られる夢も見ました

諏訪湖豆をいただきました


~諏訪湖豆とは?~
大豆の炒った物を砂糖でくるんだみたいな
一見ヤママユ(蛾)のマユに見えるお菓子
素朴な甘さでいくらでも食べれる
長野諏訪名物(らしい)

卑猥なものを想像したおおきいお兄さん 外へ出ようか・・・

先日この諏訪湖豆を持って帰省したのですが
いまさら言うことではないのですが岐阜県遠いですね
これは途中で乗ったローカル線の切符です

機械読み取りではなくただの厚紙
この時代遅れ具合が
「自分はこの県で育ったせいで世間一般よりはるかに遅れた時間をすごしていたんじゃないか?」
というSFチックな焦燥感を煽り
私をイライラさせます

東京-名古屋間と名古屋-実家間がほぼ所要時間が等しい
岐阜県の鉄道縮退はまだまだ進むぜ!きっと

そして岐阜で
カフェインを摂取しすぎて夜眠れなくなり
生活リズムが崩れて一週間体調を崩すというアホな事態に陥りました
それプラス 今週突如冷えたため寝冷えをして風邪引きました
風邪を引いたのは久しぶりです

すごい病気の人みたいな咳が出ますので「このまま窒息して死にそう」
「でも一人暮らしだから多分しばらく誰も気づかないんだろうな」
「そして腐臭がし始めたころにようやく異変に気づいた隣人とかが通報して見つかるんだろう」
というネガティブな想像に走ります

『咳をしてもひとり』という俳句を読んだ尾崎放哉はよくこの孤独感に耐えた
強い
たまに体の一部が「なんかもういらんなあ」と思うことがあります
この間までは目で(レーシック受けたばっかりなのに) 今日足になりました
だれか私の大ファンでこの先の人生全部布衣にしてもいいという覚悟なら
足くらいあげてもいいです
その代わり一生足代わりになってもらうけど

痛いのはイヤなので医者に行って切ってもらいます
今気づいたのですが
いらなくなるからだの部位は全部「二つある器官」であるという共通点があるようです
目とか 足とか手とか

胃とか口とかちんちんがいらなくなる事はめったにない
それがいらなくなる時は本当に尽くしたい相手に出会うときなんだろうと勝手に思っている

冬コミが近づいてきました
単身で本を出す器量はありませんが方々に寄稿させていただいております
せっかくですのでいずれここで紹介させていただきたいと思います

いつまでもコバンザメじゃいけないとは思っているのだ
幼稚園の頃一番好きな動物はホオジロザメでした ジョーズの影響で
日曜の朝に間違い電話がかかってきました
「○○さん(私とは明らかに違う名前)ですか?!」
「違いますけど・・・」
「自転車事故の件ですけどね!大学病院に搬送いたしましたので!」
「だから違うっつってんだしょ!」

口頭で確認した番号は紛う事無き私のケータイ番号
つまり完全に番号伝達ミスっ・・・!

この人はきっと一生目的の人と連絡取れないんだなと思うと切なくなってきました
しかも事故絡みって・・・深刻だし
何かしてあげたいけど何も出来ないこのもどかしさ

と思ったら日曜の夜 同じ番号から
「大学病院さんですか?!」

ケータイ番号と病院の番号はまちがえんでしょおおおおお

あと私のケータイには定期的に
いつも「Mさん(仮)」と間違えて間違い電話がかかってきます
相手の声はいつもおばあさんなのですが

なんかおばあさん同士の貴重なつながりを私が断っている気がして非常に心苦しいです
最近電話来ないな・・・元気かな Mさんとまちがえてるおばあちゃん

関係はありませんが久しぶりに鼻血が出ました
私は結構な鼻血体質で(ハピタンさんもそうなんですが)
一年前くらいはしょっちゅう吹いてました

別にエッチなこと考えてるとかチョコとかピーナッツ食べ過ぎたとかじゃなくて
例えば風呂で顔洗おうとしてる時に泡立てた洗顔料の上に血がポタタッて
「あっ かまいたちののタイトル画面みたいだ」
そのときの風呂の惨劇をここに貼ったら
多分このブログが18禁になるので貼りません
あんなにベヨネッタベヨネッタ言ってたのにペルソナばかりやってる私です
やっぱポータブルってのは強い
どこでも出来るもん

最近は戦闘中ジュンペーに「おっ、スゲ!」って言ってもらえるのが日常感覚でうれしいです
ツィッターで「ゆかりっちなう」って言うのも好きです

逆に言うとまだその辺までしか進んでないので
つい三時間くらい前にテペル頂上まで行って来たばかりなので
最後の方に出てきたヨロイみたいな敵より、10階で出てきたダンシングハンド3体のほうがきつかった
やっぱ多対一では人間は勝てないよ
それはゴッドハンドやって学んだこと
(ヒント:ペルソナは多対三)

はにゅさんに「かわいい」って言ってもらえた美鶴先輩
おっと俺なんかが名前で呼んでいい相手ではない 桐条先輩
嘘でもお世辞でも「かわいい」といってもらえてかなり大喜びしていた自分が好きだ

なんで描いたかというとついった上ではにゅさん
「生まれ変わったら美鶴先輩のリボンになる」とか言ってたのに対し
「俺は女の自転車のサドルになりたい(出典:ゾンビコップ)」とかいってて
「こんな自転車のサドルなんかと高貴な美鶴さんのリボンの間には
 決して越えることのできない壁があるのであります!!!」
はにゅさん

こういう絵が出来上がったからです
で 私は今サドルです


どんな映画でも心に残る台詞ってありますよねって話を夜かわちさんとしていました
"ゾンビコップ"では「女の自転車のサドル」が私にとってのそれです

見た人はわかると思いますが(ぐぐればでてきますが)
ラストシーンでゾンビになった主人公の警察の二人が
 「お前生まれ変わったら何になりたい?」
 「女の自転車のサドル」
って会話をしながら去っていくんですね
若干小学三年生でしたがなんて粋な会話だろう
俺も死ぬ時はそういうこといって死にたいと思ったものでした

でもこの"ゾンビ"と"ロボコップ"の題字をあわせただけのタイトルパッケージは
日本の配給会社の罪だと思う
洋題は"Dead Heat"

私の人生を変えた映画"ニューヨーク東八番街の奇跡"では
 「バッテリーは別売りです」(これは洋題そのまんま:"*Batteries not Included")
"ゴースト~ニューヨークの幻~"では
 「同感」
"ゴーストバスターズ2"では
 「グリーンジャイアントとデートだぜ!」
です
全部吹き替え版ですけどね
<< 前のページ 次のページ >>
メニュー













Twitter ブログパーツ

バナー
banner

管理画面

web投書箱管理画面

新しい日記を書け

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ユニクロカレンダー
プロフィール
HN:
七生_666
誕生日:
06/04
職業:
のうたりん
趣味:
サイコロ集め
自己紹介:
岐阜在住。
遠くへ行きたい。
目が悪い。


東京在住
旅行がち
目は手術で回復
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]